バイドゥ(Baidu)のSEO対策を行う前に知っておきたいこと

中国向けのWebマーケティング戦略は、日本と同じ考え方で進めてはいけない、何故ならWebを仕切ってる企業が全く異なるからです。
そんな中、中国で検索エンジンを握ってるBaiduは、Web市場において最大の企業ではない為、ホームページやメディアなどのWebサイトの展開の仕方はGoogle世界になっている日本と全く考え方が異なると言えるでしょう。
中国向けのホームページにどの位の予算を掛けるべきか、オウンドメディアやLPはどのように展開するべきか、SEO対策はどのように考えるべきか、も一度見直す必要があるでしょう。

目次

バイドゥ(Baidu)のSEO(検索エンジン最適化)のコスパーについて考えよう

ご存知の方が多いと思いますが、Baiduは中国最大の検索エンジンで、世界においても2番目のユーザー数を持つ検索エンジンです。
日本でWebの事を話したら、まずホームページまたはオウンドメディアを作ってSEO対策をやるとかが王道であるパターンが多いですが、中国ではこの考えが適応されない場合が多いです。

Baiduという会社について

Baiduはシリコンバレーにいた李彦宏が中国に帰国し設立した中国最初の検索エンジン運営会社で、現在は様々なWebサービス・ITソリューションや人工知能などへ進出している。

Baidu検索エンジンの信頼性が低下

現在Baiduは中国のみならず世界でも最先端の人工知能テクノロジーを持っており、自動運転においても世界最強というところですが、Baiduの始まりでもある検索エンジンに対しては、サービス改善のモチベーションは近年下がっている様子が明らかです。
そのため、Baiduはあくまで中国最大の検索エンジンとして使われますが、信用度はユーザーの中では決して高くありません。
Baidu検索エンジンの問題点を以下の通りにまとめてみました。

アルゴリズムの更新がGoogleのように努力していない

Googleの検索エンジンは、ユーザーに価値ある情報を提供する為に、日々検索アルゴリズムを更新しています。
かつての被リンク重視からコンテンツ量重視、今においてコンテンツの信頼性・独自性が重視されてくるようになり、Googleは日々進化しています。
それに対して、Baiduは検索アルゴリズムの最適化を怠っている様子が見られます。そのため、SEO対策の成果が完全に資金力依存になり、検索品質と透明性はGoogleより劣れている事になります。

お金払って順位を上げる裏ルートは一番あかん!

もっとひどいのは、お金を払えば検索順位を上げてもらえるという裏ルートが存在するという噂(けどほぼ確実)が流れています。
これはリスティング広告などという話ではなく、BaiduにもGoogleと同じように、検索結果の一番上にまず広告(広告であることがわかる)が表示されます。しかしその下にあるオーガニック検索も、裏ルートでBaiduに対し直接課金する事で順位が上げられると知られています。
この様な事によって、Baiduの信頼度が非常に落ちることになりました。

中国語のホームページを持つ意味とは

Baidu検索エンジンの信頼度が低いからと言っても、中国語のホームページが必要ない(SNSや動画のみで行く)という訳ではありません。
まず、大手企業の大型サービスならば、高いお金払ってBaiduのSEOを行う事は必要です。コスパー悪いとは言え、シェアを取得して回収する事も重要です。
それに対し、中小や個人店舗に関しては、BaiduのSEO対策はあまりにも高価格低効果である事が分かりますが、ホームページは信頼性においては需要な要素です。
ホームページ以外の宣伝手段に関しては、TAOBAOのECショップ(物販の場合)やWechat公式アカウント・Wechatミニプリグラムなどが挙げられますが、偽物の日本企業や日本製品もあるため、消費者が日本語のホームページをチェックする行為が発生します。
そこで弊社は、機能をアリババやテンセントなどのプラットフォームに持たせ、情報をホームページとしてしっかりしたものを提示する方法をお勧めしております。

中国語Webサイトの制作と中国向けのWeb戦略は株式会社CreaScienにお任せください

株式会社CreaScienは、中国語のWebサイト制作と、低コストの中国Webプロモーション施策に特化しています。

この記事を書いた人

目次
閉じる