オウンドメディア制作– Ownedmedia –

オウンドメディア制作


オウンドメディア(Owned Media)とは、広い意味では自社発行の広報誌やパンフレット、カタログ、インターネットの自社ウェブサイト・ブログなど、企業や組織自らが所有し、消費者に向けて発信する媒体を指します。

現在一般的に指してるオウンドメディアは、会社が運営しているブログや情報サイトであり、インターネットを通して情報発信することで、企業の認知度を上げたり販促活動を行ったりなどを目的としたものになります。

オウンドメディアの種類

ブログ型

企業がメディアのテーマ(方向性)を設計し、ブログの様に運用していくタイプ。定期的更新が必須。

内蔵型

ブログ型メディアが企業のコーポレートサイト内部に入っており、サイト内ブログとして運用するタイプ。

インデックスコンテンツ型

専門知識の解説や拡散に使われ、内容が難しくニッチな業界が多い。それ程更新が必要ないのが特徴。

オウンドメディアの効果

オウンドメディアは、企業の発信するツールとして、大量な記事に対しコンテンツマーケティングを駆使して、検索エンジンやSNSから閲覧者を獲得します。コンテンツの設計次第ではありますが、オウンドメディアを閲覧になった方に対して、以下の行動を起こさせる可能性があります。

認知度上昇

この様な会社がある事を伝える、会社に興味を持ってくれる

販促効果

コンテンツ内容からプロダクトの販売、サービスの受注などへ繋ぐ

人材採用

会社の認知度を上げる・興味を持ってもらう事によって、人材を集める

オウンドメディアの問題点

Webマーケティングの手法としてのオウンドメディアですが、デメリットもあります。業態やプロダクトによっては、オウンドメディアよりもっと効果的な施策があるかもしれません。企業様がご自身の目的と予算感を把握した上で、オウンドメディアは良い方法かの判断が必要です。

SEO依存

Googleアルゴリズムの変動によってメディア自体のパワーが左右される

工数がかかる

大量な記事を永遠に作成する必要があり、人件費が長期的にかかる

運用が難しい

コンテンツマーケティングのプロじゃないと結果を出すのが難しい

サービスの特徴


ニッチな業界に特化

CreaScien は医療・薬事・バイオなどの領域のWeb制作とコンテンツマーケティングに特化しており、通常のWebマーケティング会社が手を出せない専門性の高い内容のメディアを作成・運用することが可能です。ターゲット層は少なくなるが、専門性が高い分、少ないPV数でありながら異常に高いCVR(コンバージョン率)で問い合わせや購買を獲得することが出来ます。

インデックスコンテンツの活用

ニッチな業界のオウンドメディアはは関係者や専門家がターゲットであり、大量なコンテンツを作成する必要はありません。インデックスコンテンツを構築し、専門知識の辞書としてインターネット上に残り、コンテンツの品質を高めていけば、専門用語で検索エンジン上位表示が可能です。このように少ない工数で優れた自動営業ツールを構築する可能性が秘められています。

制作事例


遺伝子検査.com

遺伝子検査の技術と応用について解説する、ポピュラーサイエンスをメインの目的とするメディアです。

運営者:自社メディア(株式会社CreaScien)

OPENLAB.

東大や京大の研究室・研究内容を紹介するメディア、産学連携の活性化を目的とする情報発信を行う。

運営者:公益研究基盤機構一般社団法人

日本医療情報網

日本の病院や医療ツーリズムプランを紹介する中国語のポータルサイト。

運営者:一般社団法人日中医療介護技術交流協会

麻辣東京

東京の四川料理に関するグルメ情報や、四川料理の文化などを発信するメディア

運営者:自社メディア(株式会社CreaScien)

お問合せ


お問い合わせフォーム

フォームからお気軽にお問合せください。


WeChat

お急ぎの方はWeChatでのお問い合わせも可能です。中国語可。


資料請求

弊社の会社案内です。社会での検討などにご活用ください。