中国語サイト制作における三つの問題点

中国語ホームページ・Webサイトを「安価且つ確実」に制作します

中国語のWebサイトを制作する際に、この様な問題点を直面したことはあるかと思います
もしこの三つの問題点の何れかを抱えているならば、是非弊社にお任せいただきたい

問題1:見れない

中国にはネット検閲があり、通称グレートファイアウォール、即ち一部のWebサイトやサービスが中国で使用できない。故に、単に日本語サイトを中国語に翻訳しただけのサイトや、グレートファイアウォール対策が分かっていない制作業者に制作を依頼した場合、中国大陸から閲覧出来ず、全く無意味な結果になる可能性が大きい。

問題2:行政許可

中国国内でWebサイトを公開するには、ICPライセンスという行政許可を取得する必要がある。ICPライセンスを取得するには、中国法人を所有するか、中国で代理会社をICPライセンス代行してもらいか、何れにしてもコストが高騰し、リスクも大きく、中小企業や小規模な店舗にとっては難しい施策である。

問題3:価格高騰

問題1のグレートファイアウォール対策や問題2のICPライセンス取得の問題をクリアできても、且つ翻訳費用などを含めると、通常の日本語サイト制作よりもかなり高価な制作費用となります。確実な中国語サイトのクリアしなければいけない項目が多いため、制作コストや専門性も高くなるため、比較的に高価になってしまいます。

三つの問題を CreaScien が解決差し上げます

グレートファイアフォール対策

中国から確実に閲覧できるサイトをするには、サイトのソースコード設計からグレートファイアウォール対策を行う必要があります。弊社はグレートファイアウォールに関わる影響要素を十分な研究をしており、中国語Webサイトの制作を行ってきました。中国から確実に閲覧できる中国語Webサイトの制作は弊社にお任せください。

日本でのサーバー運用

大企業はBaiduのリスティングとSEO対策の為にICPライセンスと中国サーバーが必要だが、中小企業や店舗は年間数百万円の広告予算がない為、ICPライセンスを申請せずに日本でサーバー運用する事は十分だと弊社の見解です。ホームページで信用度を付け、SNSやKOLなどでプロモーションを行うのがお勧めのやり方です。

日本語サイトと同じ制作費用

コスト削減に関しては、弊社ではICPライセンス不要と日本サーバー運用だけではなく、中国語ネイティブなWebデザイナーやエンジニアが制作・開発段階で言語変換をしており、翻訳コストの削減にもなっております。以上の施策から、日本語のWebサイトと完全に同じコストで中国語Webサイトを制作することが出来ます。

CreaScien の強み

三つの問題点を解決するノウハウも含め、中国語Webサイト制作、またはWeb制作全般において、弊社は以下通りの強みがあります。

  • 中国からの閲覧を確保するグレートファイアウォール対策
  • ICPライセンス不要な日本サーバー保守ノウハウ
  • 日本Webサイトと同様なお手頃価格
  • 薬事・化粧品・医療など中国顧客が興味ある日本業界での専門性が強い
  • Webサイトの他、ミニプログラムやスマホ専用H5ページの制作など、多様なコンテンツを対応可能
  • イラストを用いたデザインも可能であり、中国人が好む日本式デザインを再現可能

中国語サイト事例

中国語Webサイト制作の対象

どの様なお客様が中国語Webサイトが必要でしょうか?

日本企業

中国向けのBtoBビジネスに必要とするホームページ。
日本の会社が中国の会社と貿易取引、サービス導入、資金調達などを行う際に、中国の会社から閲覧出来て、且つ企業情報・サービス内容を信頼性のある中国語のコンテンツが必要です。

日本店舗やブランド

中国向けのBtoCビジネスに必要とするホームページ。
日本の店舗または化粧品・アパレル等貿易または越境ECを行う際、中国の消費者に対し商品購入誘導やプランディングする為、日本の商品やサービスを中国語でプロモーションするコンテンツが必要です。

日本行政関連や自治体

中国向けの観光産業を促進する為の自治体ホームページ。青森県のインバウンド観光戦略を参照し、日本の市町村や知自体び公式ホームページでの観光情報を中国語で分かりやすく、中国大陸から閲覧できるコンテンツに仕上げる必要があります。

お問い合わせはこちらから

PAGE TOP