中国語Webサイト制作– Chinese Websites Production –

中国語Webサイト制作


このページは、中国語のWebサイト、または日本語・中国語両国語Webサイトの制作に関するサービスを紹介するページです。制作対象となるお客様は以下のパターンを想定しています。

日本企業

日本企業

中国向けのBtoBビジネスに必要とするホームページ。
日本の会社が中国の会社と貿易取引、サービス導入、資金調達などを行う際に、中国の会社から閲覧出来て、且つ企業情報・サービス内容を信頼性のある中国語のコンテンツが必要です。

日本店舗・ブランド

日本店舗・ブランド

中国向けのBtoCビジネスに必要とするホームページ。日本の店舗または化粧品・アパレル等貿易または越境ECを行う際、中国の消費者に対し商品購入誘導やプランディングする為、日本の商品やサービスを中国語でプロモーションするコンテンツが必要です。

日本行政関連や自治体

日本行政関連や自治体

中国向けの観光産業を促進する為の自治体ホームページ。青森県のインバウンド観光戦略を参照し、日本の市町村や知自体び公式ホームページでの観光情報を中国語で分かりやすく、中国大陸から閲覧できるコンテンツに仕上げる必要があります。

日本語Webサイトの制作のみ希望のお客様は下記ページをご覧ください

中国語サイト制作における三つの問題点


問題1:中国から見れない

中国にはネット検閲があり、通称グレートファイアウォール、即ち一部のWebサイトやサービスが中国で使用できない。故に、単に日本語サイトを中国語に翻訳しただけのサイトや、グレートファイアウォール対策が分かっていない制作業者に制作を依頼した場合、中国大陸から閲覧出来ず、全く無意味な結果になる可能性が大きい。

問題2:面倒な行政許可

中国国内でWebサイトを公開するには、ICPライセンスという行政許可を取得する必要がある。ICPライセンスを取得するには、中国法人を所有するか、中国で代理会社をICPライセンス代行してもらいか、何れにしてもコストが高騰し、リスクも大きく、中小企業や小規模な店舗にとっては難しい施策である。

問題3:そもそも高い

問題1のグレートファイアウォール対策や問題2のICPライセンス取得の問題をクリアできても、且つ翻訳費用などを含めると、通常の日本語サイト制作よりもかなり高価な制作費用となります。確実な中国語サイトのクリアしなければいけない項目が多いため、制作コストや専門性も高くなるため、比較的に高価になってしまいます。

三つの問題を CreaScien が解決差し上げます


グレートファイアフォール対策

中国から確実に閲覧できるサイトをするには、サイトのソースコード設計からグレートファイアウォール対策を行う必要があります。弊社はグレートファイアウォールに関わる影響要素を十分な研究をしており、中国語Webサイトの制作を行ってきました。中国から確実に閲覧できる中国語Webサイトの制作は弊社にお任せください。

日本語サイトと近い制作費用

問題1のグレートファイアウォール対策や問題2のICPライセンス取得の問題をクリアできても、確実な中国語サイトのクリアしなければいけない項目が多いため、中国語サイトの相場は日本語サイトより価格高騰が通常ですが、弊社の場合は日本語サイトとほぼ近い価格で中国語サイトの制作を対応いたします

日本でのサーバー運用

大企業はBaiduのリスティングとSEO対策の為にICPライセンスと中国サーバーが必要だが、中小企業や店舗は年間数百万円の広告予算がない為、ICPライセンスを申請せずに日本でサーバー運用する事は十分だと弊社の見解です。ホームページで信用度を付け、SNSやKOLなどでプロモーションを行うのがお勧めのやり方です。

香港サーバーの使用

香港サーバーを検討頂くのも良いでしょう。香港サーバーは中国ユーザーにとって日本サーバーより安定しており、更にこれは唯一ICPライセンス申請せずにBaidu検索エンジンSEO対策が可能の手法です。更に、弊社は成果報酬で Baidu SEO を対応しており、業界最安の価格で貴社サイトを中国検索エンジンで表示させます。

CreaScienの強み

  • 中国からの閲覧を確保するグレートファイアウォール対策
  • 日本Webサイトと同様なお手頃価格
  • 薬事・化粧品・医療・素材など中国顧客が興味ある日本業界での専門性が強い
  • ICPライセンス不要な日本サーバー保守ノウハウ
  • 香港サーバー運用で Baidu SEO を対応可能にしたノウハウ
  • Webサイトの他、ミニプログラムやスマホ専用H5ページの制作など、多様なコンテンツを対応可能

参考情報

Webサイト制作費用


ライトプラン

  • モジュール組立デザイン
  • NoCode割合90%
  • 最低限の内部SEO設定
  • WordPress実装(しない場合もある)
  • レスポンシブ対応
LP規模(1ページ)

15万円~、1~2週間

中小規模(10~20ページ)

30万円~、2週間~1ヶ月

大規模(20ページ以上)

45万円~、1~2ヶ月

スタンタードプラン

  • モジュール組立デザイン
  • Nocode割合60%
  • 内部SEO対策
  • WordPress実装
  • レスポンシブ対応
LP規模(1ページ)

25万円~、1~3週間

中小規模(10~20ページ)

40万円~、2週間~2ヶ月

大規模(20ページ以上)

60万円~、1~3ヶ月

プレミアムプラン

  • オリジナルデザイン
  • Nocode割合10%
  • 内部SEO対策
  • WordPress実装
  • レスポンシブ対応
LP規模(1ページ)

35万円~、1~2ヶ月

中小規模(10~20ページ)

80万円~、2~3ヶ月

大規模(20ページ以上)

120万円~、3~6ヶ月

Web制作に関する詳細な料金表はこちらをご覧ください

中国語翻訳、中国語校正、中国語原稿作成、サイト保守、ドメイン取得、サーバー契約、サイトの移管、デザインのみの作成、各種プログラムの導入、SEO外部対策など、細かい項目はこちらでご確認ください

中国語サイト制作事例


Q & A


どのようにしてグレートファイアウオール対策をしていますか?

基本的にソースコードとサーバーの確認を行います。

ソースコードでグレートファイアウオールに引っ掛かる要素が見つかる時は、排除する手段を検討します。場合によってサイトまたはシステムを作り直すこともあります。

完全にあるサーバーに載ってるサイト全部がグレートファイアウオールのアクセス制限対象になっている場合があるので、その場合はサーバーの引っ越しを検討します。

詳細はこちらをご覧ください。

中国語翻訳はお任せできますか?

勿論です。
中国語の翻訳と通訳も仕事として受けております。
中国語サイト制作で中国語翻訳が必要な場合、翻訳は通常より安い金額で対応する場合もあります。

サーバーは日本に置いても大丈夫ですか?

どうしても日本でサーバーを持つ場合、弊社はさくらサーバーをお勧めしています。
中国の検索エンジンBaidu(百度)のSEO対策を行う場合、香港サーバーをお勧めしています。

勿論、中国法人お持ちの場合は、その中国法人の名義でICPライセンスを取得し、中国大陸のサーバーを利用するのがベストです。

多言語サイト(言語切り替え)は可能ですか?

結果的から言うと可能です。
しかしそれは単に1サイトを言語切り替えに訳したわけではなく、弊社では日本語サイトと中国語サイトを両方作成し、お互いリンクする手法を取っています。

何故なら中国語サイトのWebマーケティングの手法や利用してるサービス(動画や地図の嵌め込みなど)は日本と異なるので、同じサイトでの切り替えで運用すると色んな不具合が生じます。
中国語サイトの特殊性もあり、弊社は日本語と中国語の切り替えを強くお勧めしません、それぞれ作った方が良いと考えます。

逆に言うと、英語サイトと日本語サイトの言語切り替えは問題ありません。

お問い合わせ


お問い合わせフォームを記入してご送信ください、3営業日以内に返信いたします。
お急ぎの方はWeChatを通してご連絡ください。アプリでQRコードをスキャンしてください。

WeChat

お問い合わせフォーム

    会社名

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    電話番号

    会社URL

    要件の詳細(必須)

    *「要件の詳細」に記入いただく文章は必ずひらがなを含むようにしてください、然もないとエラーが出るようになり送信は出来なくなります!