百度(Baidu)SEO + 香港サーバー 料金表

目次

百度SEO + 香港サーバー セットサービスについて

弊社は、下記のサービスを、中国語サイト制作の付随サービスとして提供します。

  • 作成した中国語サイトを香港サーバーで公開し、保守を行う。
  • 作成した中国語サイトを百度検索エンジンなどにインデックスする
  • 作成した中国語サイトの内部SEOを行う(定額)
  • 作成した中国語サイトの外部SEOを行う(成果報酬)

中国検索エンジン百度(Baidu)について

百度(Baidu)とは、中国最大の検索エンジンであり、Googleが使えない中国では最もメジャーの検索エンジンとなっています。百度(Baidu)におけるSEO対策は、中国大陸または香港サーバーでの契約が必須となります。

既にご契約のお客様は勿論対応できますが、中国でサーバー契約していないお客様の為に、百度SEOとセットで香港サーバーの契約代行+サイト保守サービスを提供します。

BtoCビジネスに関しては、中国では日本よりSNSやインフルエンサーが発達しており、検索エンジンはほぼ価値がなくなっていますが、BtoBの領域や専門的な産業においては、検索エンジンはまだまだ重要な施策対象になっております。

何故香港サーバーが必要?

中国でWebサイトを公開するには、ICPライセンスという行政の認可が必要です。
IPCライセンスによる問題点に関しては:

  1. 百度SEOを行うには、百度検索エンジンへWebサイトをインデックスさせる必要がある
  2. インデックスするには、中国国内のサーバーでWebサイトを公開する必要がある
  3. 中国国内のサーバーでWebサイトを公開するにはICPライセンスの取得が必要
  4. ICPライセンスの取得には中国法人が必要
  5. 中小企業に関しては、中国法人を作るのは勿論、中国でICP代行会社を探すのも、予算とリスク上相当な覚悟が必要

では、香港サーバーを使用する事で、何が変化したのか

  1. 香港サーバーでWebサイトを公開するのにICPライセンスが必要ない
  2. 香港サーバーでも百度検索エンジンへのインデックスが可能であり、百度SEO対策の必須前提条件を満たしている

故に、結論、香港サーバーを契約して中国語サイトを公開し、SEO対策を行う事は、ICPライセンス取得能力のない中小企業が中国向けに検索エンジンからアクセスを取得するのに最も有効な手段である。

香港サーバーのメリット

日本サーバー中国サーバー(大陸)香港サーバー
ICPライセンス不要必須不要
百度検索エンジンへのインデックス不可能可能可能
コスト低い高い(中国法人か代理会社が必要)中程度
中国からのアクセス速度遅い場合がある速い基本的に速い
香港サーバーのメリット

百度(Baidu)とGoogleのどこが違うの?

Google と Baidu の検索アルゴリズムの違いについて説明しています。

百度(Baidu)SEOと香港サーバーの料金表

インデックス登録、内部SEO対策と外部SEO対策を対応しております。

中国検索エンジンSEO対策

インデックス登録

  • 中国トップ5の検索エンジン(百度、搜狗、360、神馬、必应)にインデックス登録します
  • 料金:50,000円 / 回

* インデックス登録は検索エンジンで表示される前提となります

百度(Baidu)SEO(内部SEO)

  • 内部の最適化、中国語コンテンツの調整、外部リンクの追加、最適化したXMLを百度や他の検索エンジンに送信
  • 料金:8万円 / 回

百度(Baidu)SEO(外部SEO)

  • 料金:成果報酬(1キーワードが百度10位以内に入った 日数×単価)
    例:東京 ホテル(単価:1500円/日) 20日TOP10入り
    2000円×20日=40000円の請求
  • 最低契約期間6ヶ月、キーワードは最低3つより

お問合せ

お問い合わせフォーム

フォームからお気軽にお問合せください。


WeChat

お急ぎの方はWeChatでのお問い合わせも可能です。中国語可。


資料請求

弊社の会社案内です。社会での検討などにご活用ください。


よかったらシェアしてね!
目次
閉じる