中国向け化粧品NMPA申請– NMPA Cosme –

中国向け化粧品NMPA申請


化粧品NMPA申請

中国人の中で大人気な日本製化粧品の薬事申請を対応しております。越境ECでは通関の簡易審査で済みますが、中国での大量販売するは申請が必要です。化粧品はNMPA(中国薬品監督管理局、日本のPMDAに相当)が管轄しております。

弊社代表は東北大学の大学院(薬学)修士学位を取得しており、且つ薬事コンサルティング業務をコンサルティングファームやCRO企業で合計3年経験しており、且つ中国語堪能である為、この様な薬事申請サービスも対応可能となりました。


化粧品と申請方法の分別

化粧品種別によっては届出制(備案申請)と登録制(薬事申請)に分かれます。

一般化粧品:備案申請

一般化粧品の例:メイクアップ

シャンプー、化粧水、アイライン。ネイルなど清潔効果や外見化粧効果を有するもの。

特殊化粧品:薬事申請

特殊化粧品の例:日焼け止め

パーマ、シミ取り、美白、UV防止、ヘアカラーなどある程度の効能を有するもの。


申請プロセス

Step.1 要件定義

申請情報の確認を行います。
化粧品が該当する申請類別や配合成分のチェックを行います。

Step.2 契約

契約内容の協議を行います。
見積もりや在華責任会社の契約内容協議などについて確認します。

Step.3 責任会社

境内責任会社の登録を行います。
申請書類の作成を行います。

Step.4 検査

検査を行うため、製品サンプルの手配を行い、NMPA認定検査機関にて検査を行います。

Step.5 審査

NMPA(元CFDA)に申請書類を提出し、専門家や審査官による審査を受けます。

Step.6 認可

許可書を取得し、輸入販売を開始します。


化粧品NMPA申請事例

F社:フェイスマスク

  • 申請分類:一般化粧品備案
  • 代行・コンサル費用:約30万円
  • 公証・翻訳費用:約5万円
  • 検査費用:約15万円
  • 所要期間:約6ヶ月

Y社:ネイルカラー

  • 申請分類:一般化粧品備案
  • 代行・コンサル費用:約30万円
  • 公証・翻訳費用:約5万円
  • 検査費用:約10万円
  • 所要期間:約6ヶ月

S社:美白系クリーム

  • 申請分類:特殊化粧品薬事申請
  • 代行・コンサル費用:約50万円
  • 公証・翻訳費用:約5万円
  • 検査費用:約30万円
  • 所要期間:約9ヶ月

事前リサーチのお申込はこちら

現在中国薬事当局(NMPA)は丁度薬事管理関連法律の規定変更時期であり、新しい省令も次々と公表されており、日本の化粧品メーカーにとっても、自社製品が中国進出できるか、どの様に進出するかが非常に悩むところでもあります。

実際薬事申請へ物事が進んで、当局の法律の読み違いなどで不認可になったりしないように、弊社では事前リサーチサービスをリリースする事にしました。

また、リサーチご依頼いただいたお客様には、もしNMPA申請も弊社に依頼する場合は、申請代行費用の10%(最大5万円)をOFFさせて頂きます。


お問合せ


お問い合わせフォーム

フォームからお気軽にお問合せください。


WeChat

お急ぎの方はWeChatでのお問い合わせも可能です。中国語可。


資料請求

弊社の会社案内です。社会での検討などにご活用ください。